2019年03月07日

署長・田中健一の幸運 川崎草志

署長・田中健一の幸運 川崎草志

まるでアンジャッシュのコント見ているような、警察もの2冊目です。
クスクス笑えます。
自衛隊のお話は壮大過ぎて、もう。しかも、事件時においてはトイレに入ってただけw

これ実写化したら、どんな感じになるかなぁ。

署長・田中健一の幸運
署長・田中健一の幸運

posted by みきの at 09:43 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

破壊者の翼 戦力外捜査官 似鳥鶏

破壊者の翼 戦力外捜査官 似鳥鶏

ドローンを使ったテロ事件のお話です。
このシリーズで初めて読み応えを感じました。
ちょっとSF要素強いかなぁ。どこかで似たようなの読んだような気もしないでもないです。
犯人取り逃してますけど、これどうすんのかなぁ。

破壊者の翼 戦力外捜査官
破壊者の翼 戦力外捜査官

posted by みきの at 16:40 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

オーバーロード 丸山くがね

オーバーロード 丸山くがね

アニメ見てWEB版読んだら、アルベドいなくて絶望したので、書籍版に手を出しました。
WEB版よりはやはりこちらが良いですね。WEB版読んでからでも違いが分かって楽しめます。
それにしても、アニメかなり原作に忠実ですね。アニメより若干グロいでしょうか。
WEB版でもナザリック人手不足感ありましたけれど、更に人手不足ですね。
ファンタジーとしても、結構良く出来てるので普通に読めますね。

オーバーロード1 不死者の王
オーバーロード1 不死者の王

posted by みきの at 12:46 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

魔王に転職しようと思います。1・2・3 玖洞

魔王に転職しようと思います。1・2・3 玖洞

ラノベ。
女勇者として召喚されて、魔王倒したけど、冷遇されたので魔王になる。
という乙女のお話で、スチャラカにやって国作って云々のお話だと思ってました。2巻迄は。
3巻でだいぶ化けます。というか予想外の方向に話もってかれました。
いや、だいぶ前振りと言うか、仕込みはあったんですけど、なんだろと思ってました。
主人公がかなり鬱積してるなぁという感じだったんですが、それも込みの内容でした。
ここから、面白くなるか期待もあるけど、駄作となるか不安もあるなぁ。

勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 1 (アリアンローズ)
勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 1 (アリアンローズ)

勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 2 (アリアンローズ)
勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 2 (アリアンローズ)

勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 3 (アリアンローズ)
勇者から王妃にクラスチェンジしましたが、なんか思ってたのと違うので魔王に転職しようと思います。 3 (アリアンローズ)
posted by みきの at 12:46 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

海から何かがやってくる 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

海から何かがやってくる 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

このシリーズ続きが出てるのに気がついてませんでしたね。
しかし、どうした涼子様。今回パワーダウンのような感じがします。
ストーリー的にもイマイチ。
怪物の倒し方は、酷すぎますね。面白いとは思うんだけけどね。
相変わらずの、権力者(政治家)こき下ろし。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)
薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)
posted by みきの at 08:01 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン ピーター・トライアス

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン ピーター・トライアス

表紙と最初のイラスト見て騙されました。
てっきり映画のパシフィック・リムみたいなのかと思ったんですが、酷くグロかったです。
設定は太平洋戦争で日本勝ってアメリカ占領って舞台なんですが、色々酷い。
残虐シーン多すぎです。残虐シーンを相当取っ払っえば、アニメでもやれないことはないかなぁ。
それにしても、ほぼロボット出てきません。後半から出ますがそれほどの量ではないですね。
ストーリー的には、まぁ読んでしまえるものです。(必要なのだけれど、残虐シーンが多いのがキツイ)
結末はあまり良いものではありませんが、このストーリーではどうしようも無いです。
最後であかされるストーリーの主人公の軍入隊理由あたりは、なかなかです。

ロボット物を期待してはダメです。

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF)
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF)

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)
posted by みきの at 17:40 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

賢者の石、売ります 朱野帰子

賢者の石、売ります 朱野帰子

科学マニアな会社員のお話。
う〜ん。何でしょうねこれ。ヒューマンドラマみたいな感じでしょうか。
家族がテーマになるのかなぁ。
悪くはない。最後はちゃんとハッピーエンド?


それにしても、あのSTAP細胞データ改竄に触れる小説って一体何冊出たんだろう。
主テーマにならなくても、挟んでるのが2015,16年頃の小説には多いな。

賢者の石、売ります (文春e-book)
賢者の石、売ります (文春e-book)

posted by みきの at 10:16 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ケーキ王子の名推理2 七月隆文

ケーキ王子の名推理2 七月隆文

名推理・・・ラストの方でちょこっとありますけれど、解けたとしても、フランス語・・・。
推理関係ないですねー。
ケーキラブコメです。それ以外の何物でもありません。

とりあえず、カロリーヌの「セイヤァッ!」がインパクトありすぎです。

ケーキ王子の名推理2 (新潮文庫nex)
ケーキ王子の名推理2 (新潮文庫nex)

posted by みきの at 09:34 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

遙かなる円環都市 マイケル・C・グラムリー

遙かなる円環都市 マイケル・C・グラムリー

SF現代物です。
海底に巨大な円形物体が発見されたさぁどうしよう、どうなるという話。
タイトルはほぼ関係なし。都市と呼べるようなものじゃないし、どうしたこのタイトル。
かなり話のスケールは大きいですが、悪役は一人のみ。なぜ止められないw
解決策がハチャメチャ過ぎて、成功したと言われても納得できないぞ。
なかなかおもしろく読めましたが、どう映像化してもB級C級作品にしかならないという可笑しさがあります。

遙かなる円環都市 上 (竹書房文庫)
遙かなる円環都市 上 (竹書房文庫)

遙かなる円環都市 下 (竹書房文庫)
遙かなる円環都市 下 (竹書房文庫)

posted by みきの at 20:55 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

シャーロック・ノート2 試験と古典と探偵殺し 円居挽

シャーロック・ノート2 試験と古典と探偵殺し 円居挽

探偵養成高校ものです。かなりらしくなってます。
なかなか面白くなってきてます。
ラブ要素まで出てきて、学園モノらしくなってたりしますね。

しかし、後々考えると、探偵殺しどうなんだろう。
なんとなく納得した気になったけど、テストのあれはおかしくないか?
あの二人になったのが偶然ですますかのか?
あの点数発表した時点で、九哭将には本当の犯人分かるだろうけど、放っておいたという事でいいのかな?

シャーロック・ノートII: 試験と古典と探偵殺し (新潮文庫nex)
シャーロック・ノートII: 試験と古典と探偵殺し (新潮文庫nex)

posted by みきの at 20:19 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする