2017年06月07日

神様の御用人2・3 浅葉なつ

神様の御用人2・3 浅葉なつ

しっかり続いてましたね。この主人公でどうなるのかと思ってましたが、いや、結構良いですね。
ヒロイン(女子高生)も出てきましたし。
神様の人間臭さがなんとも。
つうか見えるのね。まぁ神様だからアリなんですけど、これだと、もっと普通に人間っぽく、世の中で生活してる神様がそのうち出てきそうだわ。


神様の御用人 (2) (メディアワークス文庫) -
神様の御用人 (2) (メディアワークス文庫) -
神様の御用人 (3) (メディアワークス文庫) -
神様の御用人 (3) (メディアワークス文庫) -
posted by みきの at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

化学探偵Mr.キュリー4 喜多喜久

化学探偵Mr.キュリー4 喜多喜久

意外と続きますね。このシリーズ。
相変わらず短編です。
そして、舞衣と沖野の仲ほとんど進展しませんねぇ。
沖野の方は完落ちしてるのですけれど、舞ちゃんその気ないなぁ。

1 化学探偵と猫騒動
 いやお姉さんこれ酷くね?

2  化学探偵と互助組合の暗躍
 ん〜。これってどうなんだろ。
論文の収集相互利用ってやってても不思議はなさそうだけど。
それよりも、可愛い図書司書ちゃんと付き合うようになるってどゆこと。

3 「化学探偵」の殺人研究
 TV意識してるのかな?
途中で気づいちゃうけど、そこそこ面白かった。

4 沖野晴彦と偽装の真実
5 七瀬舞衣と三月の幽霊
 両方共に幾人かの犯人とそれにノープランな計画の結果という感じですね。
計画的に見えてそうでもない。


化学探偵Mr.キュリー4 (中公文庫) -
化学探偵Mr.キュリー4 (中公文庫) -

posted by みきの at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

首都崩壊 高嶋哲夫

首都崩壊 高嶋哲夫

首都崩壊というタイトルですが、首都移転のお話です。
東京直下型地震を目前に対策をというものですけれど、まぁざっくり行きます。
米圧力や経済戦争などこれくらいあれば実現する?
ちょっと無理なような気もしますけど、官僚頑張る、政治家ちょい無能というパターンです。
ラストの移転先が、えっここかと思いましたけど、作者出身県でしたので、まぁそうなるよなぁ。という感じ。
ロバート有能策士すぎんだろw 失敗してたらどうすんだこれ。
まぁそれなりに面白いんで読んで良し。

首都崩壊 (幻冬舎文庫) -
首都崩壊 (幻冬舎文庫) -

posted by みきの at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

アルパカ探偵、街をゆく 喜多喜久

アルパカ探偵、街をゆく 喜多喜久

普通に短編ミステリー。
心優しいミステリーなので安心して読めます。ラブコメではありません。
アルパカ探偵自体は、オマケです。付け合せに過ぎません。探偵役は何であってもいいのです。
というか、ほぼ探偵役登場人物がやってますね。
手に取るインパクトとして「アルパカ探偵」というタイトルは成功してる。

アルパカ探偵、街を行く (幻冬舎文庫) -
アルパカ探偵、街を行く (幻冬舎文庫) -

posted by みきの at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

西川麻子は地理が好き。 青柳碧人

西川麻子は地理が好き。 青柳碧人

ミステリーです。
刑事の地理好き彼女が謎解きというパターンです。
短編6つで読みやすいです。
警部の鳩時計だけが気になってしょうがないですが、結局説明なし。

続編出たようですね。読んでみましょう。

西川麻子は地理が好き。 (文春文庫) -
西川麻子は地理が好き。 (文春文庫) -

西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫) -
西川麻子は地球儀を回す。 (文春文庫) -

posted by みきの at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

神様の御用人 浅葉なつ

神社、神様もの。
ライトノベルでハートフルなお話です。読みやすいですし、設定もなかなか良いですね。
主人公設定がフリーターなので、どれぐらい続けられるのかな。

神様の御用人 (メディアワークス文庫) -
神様の御用人 (メディアワークス文庫) -

posted by みきの at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

全能兵器AiCO 鳴海章

全能兵器AiCO 鳴海章

タイトルからするとAI暴走かと思いましたけど、違いましたね。
現在の中国相手の尖閣諸島問題テーマの航空自衛隊ものです。
現状の危機感がかなり強調されています。
なかなかリアルで面白いのですが、Aiの方はちょっと書き込み不足というか、物足りない感じです。
まぁそれだけに、行き過ぎないので、リアル感が増してる気もします。
色恋あるのかと思ったけど無かったですね。話の上で、いらない要素なんで正解は正解なんだけど。


全能兵器AiCO -
全能兵器AiCO -

posted by みきの at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ここで死神から残念なお知らせです。 榎田ユウリ

ここで死神から残念なお知らせです。 榎田ユウリ

なんていうか酷い。
主人公の設定がヒキニート、そして実はXXXXというのも、ほぼ中盤で分かる。
というか、分かるようにしてるんだろうけど、もっと隠しちゃっても良かったかもしれない。
内容もあまり盛り上がりはない。
タイトルと、設定でざっくりとは読めるけど、楽しめない。
そして、最後の重ね設定は、蛇足としか思えませんでした。


ここで死神から残念なお知らせです。(新潮文庫) -
ここで死神から残念なお知らせです。(新潮文庫) -

posted by みきの at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

猫又お双と一本足の館 周木律

猫又お双第3巻完結です。
今までとは違い、「双孔堂の殺人」を彷彿とさせる建物ミステリになっちゃてます。
他の猫又出てきて、猫又の設定も分かるようになってますね。
というより、隆一郎なに浮気してんだ、お双ちゃんとラブイラブしてろよって話ですな^^;
・・・・虎って猫又になるのかよぉ。

猫又お双と一本足の館 (角川文庫) -
猫又お双と一本足の館 (角川文庫) -

posted by みきの at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から 似鳥鶏

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から 似鳥鶏

面白い設定の推理事件もの。
警察はやめたのに事件捜査依頼のくる弟に代わって兄ががんばると。
まぁ推理するのは弟で、結局引っ張りだされます。
掛け合いが面白いのが依頼を持ってくる女警察官直ちゃんと兄季の掛け合いですね。
ストーリーは4話構成で軽めですが、
この作者やっぱ、やらかしてくれます。なんとなくの後味の悪さは毎度の如くです。
なんていうのでしょうか、すっきりハッピーにはしないというのでしょうか、酷いなぁって思っちゃうんですよね。
この人の作品は読後の感じが、どうも私には微妙に合いません。
でも、読んじゃうのですから困った。う〜ん。
コレはシリーズ化はないかなぁ。ちょっと厳しいし、これ続けたら最終的に直ちゃん犯罪者にしそうだ。


パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から -
パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から -

posted by みきの at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする