2017年10月17日

第二進化(上下) アトランティス・ジーン A・G・リドル

第二進化(上下) アトランティス・ジーン A・G・リドル

まぁ、なんやかんやと色々詰まった冒険活劇みたいになってます。
対テロ組織諜報員の活躍みたなのから、えらい事に。
ナチスだアトランティスだ遺伝子研究だ時間だ。
ラストはちょっとキャラがえ〜と、アレがこうで、この人コレでと混乱しちゃいますね。
次巻でどうなっちゃうのか凄い楽しみです。

第二進化 (上) (ハヤカワ文庫SF) (アトランティス・ジーン) -
第二進化 (上) (ハヤカワ文庫SF) (アトランティス・ジーン) -

第二進化 (下) (ハヤカワ文庫SF) (アトランティス・ジーン) -
第二進化 (下) (ハヤカワ文庫SF) (アトランティス・ジーン) -
posted by みきの at 19:23 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ラグランジュ・ミッション ジェイムズ・L・キャンビアス

ラグランジュ・ミッション ジェイムズ・L・キャンビアス

近近未来SFになりますかね。
ハッキングによる輸送宇宙機の強奪話。
ハッキング野郎の話で終わるかと思いましたけど、少しアクション物っぽい感じもあって良かったかな。

車の自動運転なんかも普及したら、ハッキングによる事件とかおこりそうな気がするなぁ。
今現在で、ハッキングによる犯罪とか被害とかどうなってるんでしょうねぇ。

ラグランジュ・ミッション (ハヤカワ文庫SF) -
ラグランジュ・ミッション (ハヤカワ文庫SF) -

posted by みきの at 21:55 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

もみ消しはスピーディーに 石川智健

もみ消しはスピーディーに 石川智健

警察の不祥事をもみ消す会社のお話。
スパイ物みたいな感じですね。
主人公の近衛怜良のキャラもですが、会社側キャラの書き込みがちょっと物足りない。
まぁ詳細経歴不明なんで仕方ないんですけどね。
敵対(ライバル)関係となる検察側が一人だけなんで、空回り感がキツイかなと、せめて検察側もチームでやってればもう少し派手な感じになったんじゃないかなぁ。
設定は面白いし、難しくもないので、一気に読めちゃうのは好感。

もみ消しはスピーディーに -
もみ消しはスピーディーに -
posted by みきの at 16:38 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

無傷姫事件 上遠野浩平

無傷姫事件 上遠野浩平

かなり久しぶりの調停士シリーズです。
それにしても、読み応えありますねぇ。
無傷姫という存在、伝われていく想い。
ラストへの畳み掛けは凄いです。
TOPの挿絵も良い感じです。

これだけでも、十分読めますけど、シリーズ通して読んでいると楽しめます。
七海連合成り立ちのお話でもあります。
ファン待望の素晴らしい一冊。



posted by みきの at 19:14 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月16日

猫の惑星 梶尾真治

猫の惑星 梶尾真治

SFです。
なんていうか、色々なSF映画や小説の単語とかテイストとかがゴロゴロ混ぜという感じがしました。
猫の惑星というタイトルからはちょっと違ったエンディングですねぇ。少し物足りない。
なんというか物語として浅い。面白くはあるんだけど、うまくSF的要素が噛み合ってない。
猫の戦いシーンはなんかしらないけど、敵は海賊シリーズのアプロ思いだしちゃった。
人の飼い主は実は猫ってのをもっともっと前面に出したような物語のが良かったかなぁ。


posted by みきの at 17:51 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

神様の御用人5 浅葉なつ

神様の御用人5 浅葉なつ

短編4つ。
それにしても結構移動しますね。今回は九州まで行っちゃてます。
面白かったのは土地神様の恋煩いですかね。落ちが酷いw
完全ヒロインですね穂乃果ちゃん。
恵比寿様は色々言われあるんですねぇ。これはちょっとびっくりした。

神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫) -
神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫) -

posted by みきの at 20:17 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

ガブリエルの猟犬 高千穂遙

ガブリエルの猟犬 高千穂遙

クラッシャージョウシリーズ第13弾、いやいやこのシリーズ終わらせませんね。
他のシリーズともキャラや舞台がクロスしてるのがファンには嬉しいです。
色恋もミステリも陰謀もほぼなくて、今回は自己進化してる兵器との戦いが描かれてます。
ストーリー的にはちょっと物足りない感じはするものの、クラッシャーのアクションものとしては楽しめます。

ガブリエルの猟犬 (クラッシャージョウ13) -
ガブリエルの猟犬 (クラッシャージョウ13) -
posted by みきの at 21:12 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

死なない生徒殺人事件 野崎まど

死なない生徒殺人事件 野崎まど

一応ミステリーですけど、死なない理由はSFですねー。
ラストは更に死なない生徒なんですけどー。
SFちっくで私は好きです。
「四角形と五角形の間の図形」ってのが凄く気になるんですが。
なお男は主人公しか出てきません。らしいです。

死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫) -
死なない生徒殺人事件―識別組子とさまよえる不死 (メディアワークス文庫) -

posted by みきの at 13:15 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

警視庁情報官 サイバージハード 濱嘉之

警視庁情報官 サイバージハード 濱嘉之

タイトル通りサイバーテロ?対する警察官のお話です。
ほぼシリーズ物と化してますが、順番とかきにせず読めると思います。
主人公、黒田純一が凄すぎます。ハードボイルド物といってもいいかもしれません。
ATM不正引き出しに始まる、サイバーテロストーリー。

思い出すのは去年起こった全国のATMから10数億円引き出された事件、結局あれどうなったんでしょう。
引き出し役は捕まってるようですけど。
こんな風に警察動いてたんでしょうかねぇ。

警視庁情報官 サイバージハード (講談社文庫) -
警視庁情報官 サイバージハード (講談社文庫) -
posted by みきの at 21:19 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

家庭用事件 似鳥鶏

家庭用事件 似鳥鶏

学園モノミステリー。
「市立高校シリーズ」らしいです。
巻数の記載はないので気づきませんでした。
この巻だけでも、問題なく読めます。殺人とかは無いので安心。
5つの短編に分かれてます。主人公は同じ葉山くんです。
最後のは、なかなか感心しました。これは気づきませんでしたねぇ。

家庭用事件 (創元推理文庫) -
家庭用事件 (創元推理文庫) -

posted by みきの at 20:39 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする