2019年10月31日

事例で学ぶ知的障害者ガイドヘルパー入門 上田千寿子・松田泰

事例で学ぶ知的障害者ガイドヘルパー入門 上田千寿子・松田泰

宿直バイトやってるところから、移動支援(知的障害者のガイドヘルパー)やってみない?と言われてたので、読んでみました。
参考になりそうなのは後半1/3ですねぇ。
この本、どちらかというと、知的障害者側を知ってもらうという感じです。
知的障害者ガイドヘルパーがどういうものなのか、ということが分かります。
ただ、こういう時はどうすればとか、どのような対応がって事例は少ないです。まぁ本当にケースバイケースなのでしょうから致し方ないとは思います。
働き方とか、賃金とかは分かりません。やはりアルバイト的なお仕事なのでしょうか。
専属とかガイド専門で職業として成り立っていないような気がします。
利用に関してのお金の事なんかは記載がありません。事業所毎に違うでしょうけど、そういうところも記載が欲しかったですね。
資格に関しても、あまり詳しくかいてありません。ちょっと本が古いので、ホームヘルパー資格で良いような感じです。
ヘルパーやってみようとか、仕事としてやろうと、思ってこれ読んでも、やろうとはなりにくいような気がします。

事例で学ぶ知的障害者ガイドヘルパー入門
事例で学ぶ知的障害者ガイドヘルパー入門




私は現在、宿直アルバイト(週3,4)+短時間事務のはずが、
宿直2日+グループホームの世話人2日(午後のみ)+グループホーム巡回(所在確認)+事務のアルバイト
時給製アルバイト(嘱託)になってるようです。

週25時間(宿直は実働1日4時間計算)ぐらいですね。
まぁフルタイムで働けるような人間でないので、これぐらいのゆとりある働き方のがいいです。(とても一人で食べてける稼ぎでは有りませんが、実家ぐらしなのと、過去の貯蓄で少しは生きてけるかなぁ。宿直時給計算もう少し上げてくれないかなぁ)

宿直の日はお昼間ほぼ開いてるので、移動支援やってみても良いんだけど、急遽世話人業務やってという話になって立ち消えてます。
GH世話人業務っても、食事作って、掃除してだけですね。私の行ってるとこは、ほぼ支援、介護とか必要な利用者さんはいないので。トイレ掃除だけ上手くなってるような気がする・・・。
宿直や巡回業務より、世話人業務だけのが楽だったりする。
巡回が面倒なんだよぉ。各グループホーム離れてるんで、まず移動が面倒、そして宿直前後に巡回が引っ付いてくるし、巡回っていっても世話人業務みたいなのも付けてくるしぃ。当然対面する利用者さんの人数が多くなるわけで、対応が面倒な人も居て、精神的にキツイ。
(宿直明けの巡回がやってられないので、相談して、1時間休憩もらうことにして、その間に飯食って良いことにしてもらった)

タイムカードが自分で手書きです・・・。変速勤務すぎて、タイムカードが使えない。だいたい直接GH行って直帰なわけで、巡回多いし、どこでタイムカード押すんだよって話になるし。しょうがないんで、事務アルバイトの時に手書き・・・いいのか?それで?
posted by みきの at 09:39 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

「はじめましてを」3000回 喜多喜久

「はじめましてを」3000回 喜多喜久

高校生ラブコメものです。
タイトルが不穏なので、泣かせるかとビクビクしながら読みました。
3000回の意味がそうなのかぁってちょっと予想外。
精神崩壊しそうだけど、強いなぁ。耐えられるものなのか想像できない。
ハッピーエンドと言えるのか微妙なところですが、まぁセーフだと思う。


登場人物が彼と彼女と友人二人みたいなものなので、サクサク読み進めてしまいます。
少し物足りないような気もしますけど、軽い?ラブコメとしてはおすすめできるかな。


「はじめまして」を3000回
「はじめまして」を3000回

posted by みきの at 18:24 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 神坂一

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 神坂一


無茶苦茶久しぶりのスレイヤーズです。
10年以上前に完結したはずなんですけどねぇ。
すぺしゃるとかの短編集のが多かった覚えが・・・。
まさかのメインストーリーの事後がくるとは。
ストーリーほぼ覚えてないんで、ちょっとキツイが、
懐かしくも、テンポよく読めて楽しめました。



posted by みきの at 17:01 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

パラレルワールド 小林泰三

パラレルワールド 小林泰三

災害でお父さんが無くなった世界とお母さんが無くなった世界、2つの世界を認識できる子供の家族のお話・・・。と思いきや。
同じ能力を持つ殺し屋が出てきて、そいつに狙われるサスペンスに・・・。と思いきや。
いや、軽くホラーも入ります。

パラレルワールドをこういった視点というか、設定で書かれてるのを読んだのは初めてです。
同時認識とか、発狂するわ。出来るのか?

面白いSFです。

パラレルワールド
パラレルワールド

posted by みきの at 13:19 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

玩具店の英雄 座間味くんの推理 石持浅海

玩具店の英雄 座間味くんの推理 石持浅海

座間味くんシリーズ。
大迫警視正と、下っ端警察官と、座間味くん( 民間人)の3人で事件について話し、真相を座間味くんが、推理して明かしちゃうといもの。
パターンは決まっているので、怪しいやつは分かるので、読者としては楽しめるんだけど、理由とかがなかなか正解できない。
短編7つと読みやすい推理小説です。

玩具店の英雄: 座間味くんの推理 (光文社文庫)
玩具店の英雄: 座間味くんの推理 (光文社文庫)

posted by みきの at 18:28 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

白魔のクリスマス 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

白魔のクリスマス 薬師寺涼子の怪奇事件簿 田中芳樹

毎度おなじみ涼子様に振り回される泉田君の話ですね。
山中に国策カジノ作ったら、地震に雪崩で1万5000人が閉じ込められると。
首相はさっさと先に逃げるとか、ちょっと残念。
なんだろう、この作品だんだん悪役がしょぼくなるわ、怪奇現象(怪物)?のやっつけかたは、いい加減になってくるわで、ちょっともったいない。
悪党の方は黒幕一切なしというか、いたのかすら怪しい終わり方するし。
なんか残念。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 白魔のクリスマス (ノン・ノベル)
薬師寺涼子の怪奇事件簿 白魔のクリスマス (ノン・ノベル)


posted by みきの at 22:15 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

キル・リスト フレデリック・フォーサイス

キル・リスト フレデリック・フォーサイス

イスラムテロリストを追い詰めやっちゃう話です。
実際がどうとか分かりませんけど、現実の話も絡めているようなので、リアルっぽい感じは出ています。
わりと、さっくり読めました。

キル・リスト (海外文学)
キル・リスト (海外文学)

posted by みきの at 23:08 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

失われた過去と未来の犯罪 小林泰三

失われた過去と未来の犯罪 小林泰三

ある日突然世界中の人が物を覚えることができなくなった記憶喪失の世界の話。
第一部は、混乱を乗り切る物語。
第二部は、かなり様相が変わります、犯罪というか、記憶と心や認識などがテーマに。
記憶は心と言えるのか、とても面白いです。

90点

失われた過去と未来の犯罪
失われた過去と未来の犯罪

posted by みきの at 16:09 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

ドッペルゲンガーの銃 倉知淳

ドッペルゲンガーの銃 倉知淳

よくありそうなポンコツキャリア警察官僚の兄の代わりに、謎解きミステリ作家志望の女子高生の話かと思いきや、ちょっと違いました。
犯人や謎解きは、想像しやすい部類ですから、楽に読めますね。
最後のはちょっと無理じゃね?と思えますが。

ドッペルゲンガーの銃
ドッペルゲンガーの銃

posted by みきの at 11:59 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

ランドスケープと夏の定理 高島雄哉

ランドスケープと夏の定理 高島雄哉

久しぶりにSFらしいSF読みました。
ちょっと理解が追いつかない感じもありますけれど、楽しく読めます。

主人公ちょっと頼りない感じですけど、いや、お前、天才科学者(数学者)だろ。

ボール宇宙=計算機という設定というか、最初の作り出しが、かなり強引ですけど、そこから話が面白いです。
姉が10兆人とか、コピーした自分を妹にとかとか。AIとか。
恋愛要素もあります。アクション?サスペンス?もあります。
未来の風景としたは日本の都市のセクター化とかは面白いし、「移動祝祭日」ってなんだよそのネーミング。

なんか世界が変わっちゃって終わってますが、そこの描写が少し物足りないというか、分からない?分かりにくいです。

ランドスケープと夏の定理 (創元日本SF叢書) [ 高島雄哉 ] - 楽天ブックス
ランドスケープと夏の定理 (創元日本SF叢書) [ 高島雄哉 ] - 楽天ブックス


posted by みきの at 20:06 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする