2015年11月10日

ついに起動できなくった。熱暴走か??

前回HDDの不調がついに極まった。
scanning deviceで止まったりと、BIOSから見えなくなったりする。
HDD入れ替えてみたりするのだが、どうもマザーボードが怪しい、DVDドライブからの起動も出来たり出来なかったり。
しばらく、放置しておくと起動できたりします。ただしHDD OSからの起動は途中で止まる。
マザボをジーっと見てた。まさかと思ったが熱暴走っぽいです。
ノースブリッジというのかな?ヒートシンク貼ってあるとこ触ったらチンチンに熱い。
・・・しかし、HDD周りはサウスブリッジだと思ったけど、何が影響してるのかわからない。

放置して冷ます。FANでチップに直接風が当たるようにしてみました。
うまく冷却できて、使えるようです。HDD認識してます。
でも、OSは起動失敗します。ファイル壊れてるような状態ですね。
DVDからlinux起動で、ファイルは見えているので、最低限必要なものUSBメモリに。
依然作っておいた、レスキュー用WindowsPEディスクで起動、chkdskしてみました。
破損しまくりです。調子悪いのに、何度も電源ONOFFしたのが良くなかったようです。orz
5時間に及ぶchkdskですが、修復できるものではありません。
OS自体は起動できるものの、あちこちファイルが抜けているのでしょう、ソフト起動しようとしたらハングアップしたりするものが多くとどうにもなりません。
Diskinfoは代替処理で黄色信号に(T_T)

こんな状態のPC使うべきではないのですが、背に腹はかえられません。

HDDへの読み書きに不具合があるようなら、OSのインストールにも失敗するだろうから動作確認もかねて、新たにOSを入れ直します。
幸い1TBのHDDの500GBしか使ってなく未使用領域が半分あります。(別OS入れようと放置してた)
残ってるファイルは読み書きできるのですから、元の領域はそのままにしておきます。

無理かと思いましたが、問題なくOSのインストール完了。
え・・・・っと。使えるなら使う事にしましょう。
環境を再構築ですが、面倒〜
下手にソフトの設定ファイルなんか元のドライブからファイル持ってくるわけにもいきません。何が抜けてるかわからない。

手こずったのはthunderbirdの復元。
前のHDD不調のときにバックアップソフトMozBackup使ってバックアップとっておいたのだが、
復元してみると、ローカルフォルダの中身がない。他はきちんと復元されています。
で、メールのフォルダを見てみると・・・
ファイルがありません。各アカウント別のフォルダはきちんとあって中身はあるのですが、フォルダに入っていないものがないんですね。
元のドライブから、コピーしてきて移すときちんと表示されました。
なんで、こんな事になってるのかわかりません。幾度となく環境を乗り換えてきたせいでしょう。
無理やり移してきた状態の時もあったので、バックアップソフトが対応しきれない事になってるのかもしれない。
設定はともかく、最悪を見越して、メールの保存先フォルダは丸ごとバックアップとっておいたほうがいいかなぁ。

さて、あとどれくらい使えるのか・・・。今度HDD見失ったら、たぶん無理だな。
posted by みきの at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

Lubuntu スタート時、numlockキーがONになっている。

タグ:Linux
Lubuntuを入れてみたら、キーボードのnumlockキーが押された状態で、jklキーあたりで数字が入力されてしまう。
いちいち解除するのも面倒なので調べたら、numlockxというソフトを入れればOKというが、既に入っている状態です。
起動されていない?
しょうがないので、起動時に読み込むように設定します。

メニューから、設定>LXsessionのデフォルトアプリケーション、を開きます。
Autostartタブで追加のところに numulockx off と入力、追加ボタンを押します。
これで、起動時にnunmlockが解除されます。
2015-11-08-114943_1024x768_scrot.png

・・・・でも、これもしかして、わざわざoffにしてるんだから、numlockxアンインストールすればいいような気がしてきた。
で、numulockxアンインストールしてみたら、OKでした。
う〜ん、なんか余計なお世話されてましたねぇ。
タグ:Linux
posted by みきの at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

LinuxMint(LMDE2)ライブCDで使えた無線LAN子機

タグ:Linux Mint
処分前に、いっぱい転がってる古い無線LAN子機のLinuxで使えるかメモ。

使えたもの
PCカード
PLANEX GW-NS54CW

USB
BUFFALO WLI-U2-KG54
BUFFALO WLI-U2-SG54HP
Logitec LAN-W300N/U2


認識はしたが、WEPのみ対応等で動作未確認なもの。
PCカード
NEC Aterm WL11CB


使えなかったもの

PCカード
IO-DATA WN-B11/CBL (認識はするが、動作不安定)
NETGEAR WG511AJP (認識せず)

USB
Logitec LAN-W150N/U2KT (認識せず)
NTT-ME SS-LAN USB11HQ (認識せず)


タグ:Linux Mint
posted by みきの at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

FLORA270W PC8NB2 で使用できたLinuxメモ

タグ:Linux
意外と手ごわかったので、メモ。

古い古いHITACH製ノート FLORA270W PC8NB2にLINUX入れてみようとしたら、意外とまともに使えるものが少なかったのでメモ。

スペックはCeleron 2.4GHz (Northwood),メモリ756MB,HDD30GB

まぁ入るだろうと思ったら、どうにもディスプレイドライバがうまく当たらないようで標準ドライバもおかしいようだ。
ライブCDやインストール時にはフル画面で表示されていても、HDDに入れると640*480の小さな画面になってしまうものが多い。

使えたもの。
LinuxBean
http://hitaaki.blog47.fc2.com/blog-category-14.html

LinuxMint(LMDE2)MATE: 32-bit
http://www.linuxmint.com/download_lmde.php

Kona Linux 2.3light(LXDE)
http://simosnet.com/livecdroom/

vinelinux
http://vinelinux.org/
但しインストール時オプションのvesaモードでないとインストール不可。
vesaからsisのドライバには後からGUIで変更可能でした。

Lubuntu
但しインストール時vesaモード追加しないと画面が640*480
(F6キーでオプションに xforcevesa を追加)


解像度が640*480になって変更できないもの
LinuxMint17
ZorinOS10lite
Xubuntu

バージョンで違うのか、何が悪いのか分かりません。
どうもSiS M650という、マイナーなビデオチップが悪いような気がします。
/etc/X11/xorg.confに設定を書き込むような情報も試してみましたが、起動できなくなるだけでしたorz
sis のドライバってSynapticとかでは見つからないし・・・。
xserver-xorg-video-sisっていうのかなぁ。
vesaでインストール可能なオプションあればそれでいけるものもあるようです。


多分puppyのが軽快でいいと思うけど、どうもubuntu系MATEに慣れちゃったので、入れる(触る)気になれないので試してはない。

いやまぁ、流石にLinux入れても、動くなぁってだけで、使おうというレベルのものではないですね。使い道もないし。
でもネットには繋がるし、遅いながらもブラウジングは出来る。文章も打てる。
多分puppyのが軽快でいいと思うけど、どうもubuntu系MATEに慣れちゃったので、入れる(触る)気になれない。
勿体無いといえば勿体ないけど、処分するしか無いかぁ。
タグ:Linux
posted by みきの at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

USBブートツール (USB/DVD起動出来ないPCにLinuxをインストールする方法)

古いノートPCですと、DVDドライブが搭載されていなくて、CD-ROMドライブだったり、USBブート出来ない物があります。
こういったPCたちには、1CDサイズのLinuxしかインストール出来ません。
最近は1GBクラスのDVDサイズのものが殆どです。
1CDのものというと、Puppy Linux、Lubuntu等軽量系のものでも旧バージョンということになりかねません。
満足のいけないものや、うまく動作しないものあるでしょうし、出来ればDVDサイズのものを試したくなります。
そういった時に便利なのが、USBブート(USBメモリからの起動)、OSインストールを可能にするツールです。

Plop Boot Manager(plpbt)です。

使いかたは下記ブログが分かりやすいですね。

USBブートできない機種で擬似的にUSBブートする−Plop Boot Manager


plpbt.isoをCD-Rに焼いて、使いたいPCにインストール用のOSを入れたUSBメモリを挿して、Plop Boot ManagerのCDから起動、USBを選択するだけです。
IMG_20151030_132020.jpg



USBブートが出来なくてCD-ROMドライブな古いHITACHI製ノート FLORA270Wに、色んなLiunx入れてみています。
とはいえ、この子はグラフィックがSiS650なせいだと思うけど、画面解像度が640*480固定とかになったり表示がおかしかったりすることが多いので、使えそうなのは少ないですね。
まぁスペック的に無理があり、使い道のない子ですけど。

フロッピーディスクからの起動ですが、一応USBメモリ起動用FD作ってみました。
WindowsPCにFDドライブがなかったので、作るのが難しかったです。(FLORA270WにLinuxMint入れて、そこから作りました。)
Linuxで作成可能なのですが、ターミナルからDDコマンドを使って作るしかないようです。
GUIの画面で作業できるソフトは見つけられませんでした。linuxでFDのイメージファイル扱えるソフトってないのか不思議です。
linuxコマンド使いなれた人なら簡単なのでしょうけれど、難易度が上がってしまってます。
suでルート取って、
dd if=filename of=/dev/fd0
で書き込み作成できました。
FDからUSBメモリの起動も確認。
作っておけば、光学ドライブがなくてFDドライブのあるPC用にいいかもしれないけど、FDDあるPCならCD-ROMドライブぐらいはあるから無意味かもしれない。光学ドライブ不調のPC用かなぁ。


今すぐ始めよう!Linux超入門ガイド (日経BPパソコンベストムック) -
今すぐ始めよう!Linux超入門ガイド (日経BPパソコンベストムック) -
posted by みきの at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

HDDがヤバイ deleting corrupt attribute record

知人のPC直してるどこではなかった。

自分のPCが起動不良に陥ってしまった。
BIOSすら表示されなかったり、起動時のドライブチェック(scanning device)で止まってたり。

で、理由が情けないことに、・・・SATAケーブルがどうも、妙によじれてて、圧迫されてずれたようだ。
挿し直したら、普通に起動するようになった。
しかし、その間に数回電源ONOFFしたため、ダメージがいったらしい。
なんか、おかしい、起動早いっと思ったら、スタートアップフォルダにファイルがない。
起動時に起動するべきプログラムがごっそり無くなってる。

やばいと思ってチェックディスクかけたら、もっとやばい事態に陥った。
見たこと無いのが・・・
IMG_20151019_131944.jpg
deleting corrupt attribute record
がズラズラ〜と。しかも途中で止まってしまいます。
ググると、かなりマズイ状態のようです。フォルダ破損とからしい。そして修復ついでのchkdskでフォルダごと消され・・・。あぅあぅ。
途中で止まってるので、しょうがないので、リセット、chkdskスキップして起動。
スタートアップが何もないの以外は普通に使えてる・・・・。
起動時のchkdskをとりあえず、レジストリから削除。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/158675

ううっ。どうしましょう。
とりあえず、メールとかのバックアップをUSBメモリに。
写真とかはLANDISKに入れてるからいいか。

う〜ん。う〜ん。
多分、ファイルぶっ壊れてるだけだと思うから、初期化しちゃえばいいけど、環境再構築が面倒すぎる。
とうぜん、HDDクローンでは不具合を引き継いだ状態になるし、chkdskが完走できない以上、クローンはありえない。
どうしたものか--;
いつものように、HDD新調して、今のを念のためのバックアップ用にとりおきしちゃうのが、いいんだけど、勿体無いしなぁ。

現状スタートアップが消えただけのようなので、登録するだけで現状問題はないし、このまま様子見るかぁ。
安い新品HDD売ってないかなぁ。

posted by みきの at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

お手上げ。Win7の起動が遅い。結局リカバリしかない。

知人がPCの起動終了が急に遅くなった、画面の文字がデカイ。というのでレスキューに。
行ったはいいが、何も出来そうにないので預かりました。

NECのWin7ノート。

症状1
起動に10分以上かかる。終了も遅い。

症状2
起動できないことがある。
そうするとディスプレイ光度が下がる。
見えなくなるわけではない、省電力モード?Fnキーによる光度変更不可に。

 BIOSを初期化すると治る。

症状3
ディスプレイドライバがうまく入っていない事がある。
 起動する度にまちまち、ちゃんと出来てたり出来なかったり、不安定。

症状4
2ユーザーあるのだが、片方の名前が変わることがある。
****_2になったり、その他になったり。異常のない時もある。

症状5
常にCPU使用率50%以上

起動してしまえば、とりあえず通常使用は可能。
HDDの異常かと思ったが、読み書き速度に異常はなし。

F8キーセーフモードへclasspnp.sysで止まります。
classpnp.sysで検索するが有効な手立ては見つからず。
classpnp.sysを削除したり別PCの持ってきたりしたら再起動の嵐。

chkdskを試そうとセーフモードのコマンドプロンプトを試そうとするが、こちらもclasspnp.sysで止まります。
F8からのスタートアップの修復を試みるが、チェックは終了するものの失敗。
F8修復からのコマンドプロンプトは起動できたので、chkdsk。異常なし。

正常起動時にと、システムの復元を試そうとするが、まさかの復元ポイントなし。

CPU使用率が50%超えなのはfontcacheサービスのせいみたい。
タスクマネージャから終了させると、正常に数%台になる。
しかし、こいつ、すぐに復活するし、必要なものだろうと思われるので完全停止は避けたい。
キャッシュを一度削除してみるも、改善する気配なし。

DVD起動のLinuxでの動作に異常は見られない。
HDDも読み書き可能。

--------------
さて・・・・・・・・
ハード的なものより、、ソフト的(OS)な異常っぽいので、出荷状態にリカバリしてしまえば良さそう。
失敗すると目も当てられないが。

とりあえず電話。
必要なデータとかはUSBメモリに保存したるそうなので、初期化やってくれとのこと。
各種ソフトインストールやネットの設定とか、超絶面倒だと思うけど。

というわけで、ユーザーフォルダを適当にUSBメモリにバックアップ、お気に入りとかは戻せるようにする。
リカバリ前のメニューで各種バックアップツールが表示されるが、これら起動させてコケたら嫌だし、戻して不具合併発もいやなのでスルー。
さっくりリカバリ。あっさり成功。
それにしても、マニュアルと、リカバリ領域などが無事だったのは幸いだった。
リカバリ不能だったら、メーカー修理に出すしか無いもんなぁ。

しかし、ここから長い。
最初のセットアップが長い〜。1時間ぐらいかかる。

そして、Windowsアップデートを・・・・・・・・
アップデートプログラム191個!
終わりません。終わりません。終わりません。
ダウンロード後、3時間ぐらいプログラムインストールし続けてますが終わりません。orz

5時間かかってインストール完了。
再起動させるのに、これまた時間がかかる。OS終了後にインストールの続きがぁあああ。
更に1時間なんとか終わったかと思ったが、まだまだ重要な更新出てくるん(T_T)

・・・リカバリ開始して10時間。
なんとか、使える状態までもっていけました。
起動も早いので問題はないかと思ったけど、たまにHDDからジジジジジという異音がして起動に時間がかかったりフリーズ状態に。なんともなく、素直に起動することもある。
CrystalDiskInfoで見ても異常は見られないが、どうにもHDDが怪しい。
再セットアップ(リカバリ)用のディスクは作成した。(これすら作ってないのよ持ち主は)
最悪HDD換装となっても、これで初期状態には出来るはず。

普通に使える方の確率は高いので、このままで。
ウィルス対策ソフトはMSE(Microsoft Security Essentials)入れておいた。
ユーザーフォルダも戻したらお気に入りとかも復帰してるから、まぁいいだろう。

持ち主に返却。
ネットに繋がるの確認。プリンタドライバ入れて、
HDDが怪しい、起動時異音がしたら、起動に時間がかかる可能性がある事、
頻繁に起動異常、異音がおこるようなら、HDD交換修理が必要かもしれないこと、
説明して終わり。

多分、異音が頻繁におこるようだと、新品ノートに買い換えるだろうなぁ。あの人は。
posted by みきの at 20:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

asus T91MT SDカードにZorinOS10lite入れてみた。

タグ:Linux T91MT
ThinpadX41に入れたZorinOS10liteが、そこそこ使えたので、ASUS T91MTに入れてみようと画策。
しかしT91MTはすでにWindows10を入れている。
Windows10とのマルチブートはかなり難しそうだったので、やめてSDカードにれてみました。
そもそもT91MTは非常に珍しいSDカードスロットが2つも標準搭載されているネットブックです。
SDカードから起動してくれと言わんばかりです。
以前android x86を入れてみていたので、起動させることはできるのはわかっています。

Rufusでさっくりと起動用のUSBメモリを作成。
早速、入れてみましたが、4GBのSDカードでは容量不足でした。1.9GBあればインストール可能と表示されるのですが、2GBをスワップファイルに取られてしまい、ギリギリ足りません。途中で容量不足で止まってしまいます。
パーティションを編集して入れようとしましたが、ここで、T91MTの画面解像度1024*600がネックとなります。
インストール途中で使えるパーティションツールで下部のボタンが表示されません。TABキー&エンターキーで当てずっぽうで行うのは怖すぎます。
というわけで、T91MTでZorinOS10Liteをインストールするには最低8GBのSDカードが必要です。
インストール時のその他の操作は横が少し切れて表示されますが、問題ないです。

使ってみた感想。SDカード遅っ。Atomやっぱ遅っ。
単純にFirefox使うだけなら、ThinkpadX41のが快適です。
使えない事はないですが、T91MT何に使うにせよ、やはり貧弱すぎますね。SSDに入れればだいぶマシでしょうけれど、
そして、せっかくのタッチパネルが、linuxではまだどうしようもありませんね。ただのマウス状態。ついついスワイプ操作しちゃうので、使いにくいったらありゃしないです。
タッチパネルを快適に使うには、Win10かandroid x86のが良いですね。
タッチパネルの挙動がandroidライクなlinuxがあれば試してみたいですねぇ。

使いはしないけれど、色々遊べるT91MT。SSDにWin10、SDカード1にZorin10、SDカード2にandroid4.0と、3本OS仕様となりました。
どれも、起動させるとアップデートの嵐になります。こればっかりは使ってないとどうしようもないですね。

T91MTでWin10の事ですが、
新機能 Cortana使おうとすると頻繁にフリーズしちゃう。スペック不足?
音声認識できないわけでなく、「今日の天気は」とちゃんと音声認識して、声で天気言ってくれたりするけど、その直後フリーズ。若しくは検索(Cortana)起動しただけでブラックアウト orz

タグ:Linux T91MT
posted by みきの at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月31日

WPS Office(Kingsoft Officeフリー版)をZorin OS10 liteに入れてみた。windows版もあった。

Zorin OS10 liteには、定番のLibreOfficeは入っていない。
ワープロソフトと表計算は一応入っていますが、他になにか面白そうなオフィスソフトないかと検索していたら、
MicrosoftOfficeの似せまくりのkingsoft officeのlinux版、それもフリーのものがあるというので、入れてみました。

WPS Office
http://wps.com/
http://wps-community.org/
Zorinでのインストール方法ですが、debファイルをダウンロードしてファイルを右クリック、「GDebiパッケージインスートラー」でインストール可能です。アンインストールも同じでインストールされている状態で「GDebiパッケージインスートラー」を起動させるとパッケージを削除というボタンが表示されアンインストール出来ます。
2015-08-28-181427_552x642_scrot.png
最新版であるWPS Office for Linux Alpha19 Patch1[2015-08-19]では日本語用の設定ファイルも同梱されているようで右上のバーにあるAというアイコンから言語変更するだけで、日本語環境になりました。
最初起動時にフォントが足りないと出てきますけど、一応そのままでも使えるみたいです。
2015-08-28-181637_1024x768_scrot.png


フリー版のKingsoft officeであるWPS Officeはなんと、android版、ios版もありましたね。
知りませんでした。Kingsoft Officeは有料だと思ってました。
そして、さらにwindows版もありました。
http://wps.com/からはLinkがないようです。なぜなのかちょっと不思議です。

Windows版はコチラです。
http://wps.com/wps-office-personal/リンク切れ
http://www.ksosoft.com/product/office-free
WPS Office10という名前です。バージョン表記は9.1.0.5171です。

インストール、日本語化は下記紹介記事が詳しいです。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n321646
free版制限はあるようにかかれています。プリント、PDF出力時透かしと、しかしプリントしてみても透かしはありません。
サンプルは日本のサイトページが表示されています。
日本の試用期限が適用されて、保存や印刷が出来なくなる可能性もあるのかもしれません。
しばらく入れておいてみます。30日後も使えるのでしょうか。

2015/10/01追記
30日経ちました。Windows版のWPSは注意が出ました。やはりフリーでの使用には制限があるようです。
保存はできますが、印刷すると下部にWPSの透かしが割と大きく印刷されます。
提出物には使えませんが、印刷を考えないのなら、使用上は問題ないかな。
WPSprint30.jpg
WPSfree30.jpg
IMG_20151001_165019.jpg

Linux版は何の表示も出ないので、完全フリーのようですね。
posted by みきの at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

ZorinOS10lite 日本語入力方法をmozcにする。

Antyの変換がどうも馬鹿っぽいのでmozcを入れようとしたら、ソフトウェアセンターでは入らなかったのでメモ。

ソフトウェアセンターにmozcあるのだが、どうもibusと関連付けられてないようで、どうしても変更できません。
Fcitxに変えれば使えるのかと、こちらも入れてみましたが、どうやっても入力方法(入力メソッド)にmozcが出てこない。
しょうがないので、一旦入れたものを削除しました。

Synaptic パッケージマネージャから、入れてみたところ成功しました。
ibus-mozcをインストール、再起動で、mozcを追加変更することが出来ました。

しかしAntyでもそうですが、変換候補が画面左下に表示されるのが気持ち悪くて、Fcitxに再チャレンジ。

Synaptic パッケージマネージャから、Fcitx-mozcをインストール。
設定>言語サポートで、キーボード入力に使うIMシステムをFcitxに変更して、PCを再起動すると、Fcitx-mozcになりました。
2015-08-29-011117_408x482_scrot.png
変換候補も入力位置の上か下に表示されていい感じです。また入力中の文字訂正のカーソル位置も分かるようになりました。
ただ問題なのは入力位置に直接文字が表示されないことです。
これは修正方法がありました。
http://ameblo.jp/superjeter007/entry-12066086661.html
ブログ記事のように、

Fcitxの設定>アドオン>拡張にチェック>Fcitx XIM Frontend>"XIMでOn the spotスタイルを使用"にチェックしてPCを再起動すると、入力位置に直接文字が入力されるようになり、とても使いやすいです。

ちょっとインストールと設定面倒ですけど、Fcitx-mozc良いですね。
あれ?日本語入力設定するなら、Zorinでなくて、他のLinuxでもいいのか・・・。
posted by みきの at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする