2014年12月05日

雲仙普賢岳見てきました。更にフェリーで熊本へ移動。

1990年に噴火した普賢岳。
見る分には噴火した等、あまり感じられませんでした。
しかし、道の駅「みずなし本陣」によった時に戦慄を覚えます。
ここには、土石流被災家屋保存公園というのがあります。
土石流で押しつぶされた家屋がそのままの状態で置かれいます。
もう、ほんとに海まで土石流で、大変になっていたのだと分かります。
今自分が通ってきた道は、土石流の上なのだと。
そら恐ろしいです。
またよく見れば、立っている家々は新築ばかり。いや、すごい同じとこに住めるのか。
ここは一見の価値あります。
DSC_0073.jpg

雲仙島原から、熊本へフェリーで移動です。
このフェリーかなり豪華ですし、景色も30分楽しめます。
ちょうどお昼でしたので、美味しいコーヒーとサンドイッチ食しました。
島原港のカモメがサプライズです。フェリーにカモメの餌が100円で売られています。
これをあげるとヒャッハー状態です。
DSC_0096.jpg



posted by みきの at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

長崎市内観光

調べもなしに行くとかなりつらいですね。

まずは、グラバー園と大浦天主堂です。
駐車場は、すぐそばの市営駐車場が安いようです。
入口近くの民営はのはボッタクリ料金なので注意。
で、正直見応えは・・・。
大浦天主堂、もうちょっと豪華というかすごいのかと思ってました。がっかり仕様。
グラバー園の方は、明治時代の豪華な感じとか堪能出来ます。庭というか見晴らしというか、当時の外国貿易商金持ちはこんなか〜と。
じっくり見て、1時間〜2時間というところです。
DSC_0042.jpg

園内にある長崎伝統芸能館にある祭り映像とか、山車とかのが楽しめました。
かなり手の込んだ山車が多数展示されていて見応えあります。
DSC_0046.jpg
DSC_0047.jpg

土産物屋はグラバー園入口に集中してます。

さてここから、ぶらぶら中華街の方へ歩いていったのですが、失敗です。
距離がありすぎ。歩くのはダメですね。車で移動するか、市内電車、バス利用するべきです。
疲れ果てて、中華街突入。
さほど広くはありませんね。
http://www.nagasaki-chinatown.com/guide.html
昼食のランチで王鶴という所で、長崎名物皿うどんのランチを頂きました。
庶民的ぽくって入りやすかった。
私は太麺を頼んだのですが、細麺の油であげてある麺のが良さそうでした。
太麺の方は、具が餡かけではなくて、がっかり。ソースのかかってない炒めてない焼きそばといった感じで、味も薄かった。
で、ソースかけたら、まるっきり焼きそばみたいな感じになって、かなり美味しくいただきました。いいのかな???
トレイがかなり安っぽい感じになってしまってるのが残念。
DSC_0048.jpg

昼食後、出島に。
なんていうか、もう埋められてるんで、出島って感じではないですね。
しかも裏口から入ったので、チープなのかと思ったら、表はかなり復元されててびっくり。
着物の貸出なんかもしてて、若い方は着て歩いていました。
ちょっと歩き疲れてギブアップ状態だったので、あまり見れなかったのは残念。
グラバー園より此方の方が観光的には楽しめるのではないかと思います。
dejima_0049.jpg

ここから車移動で平和公園へ。
う〜ん。デカイだけですね。
原爆資料館は、広島のものに比べると、なんともしょぼいです。
広島の方は見た後、かなり寒気というかげっそりくるぐらい、原爆の怖さが伝わってきます。
ここはスルーしてもいいかと。
DSC_0052.jpg




posted by みきの at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

長崎スカイホテル泊まりました。

長崎スカイホテル泊まってきました。
ここのホテル、ブルースカイホテルが新館、スカイホテルが旧館になります。
泊まったのはクーポンでお安い旧館のしかも夜景が見えない(まぁチラっとは見えます。)部屋です。
旧館とはいえなリフォームされているので、室内は綺麗ですし、設備も不便はありません。

食事は新館の方です。食事はそこそこですね。期待したらがっかりすると思います。連泊したら二日目は夜食メニューはちゃんと変えてくれて一日目よりグレードアップしてる感じでした。
朝食はバイキングです。(かなり貧相です。ビジネスホテルのモーニングと思ってたら大丈夫かなぁ)
ちょっと気になったのは、朝食時のコーヒーの小さいカップ、縁が欠けてるのを平気で使ってる辺が悲しいですね。

夜景は、フロントから見えますし、ブルースカイホテル屋上に出ればそこそこ絶景が見られます。
見渡せるというのにはちょっと物足りないですけど。
長崎の夜景はかなり近いので見応えがあります。
DSC_0025.jpg

大風呂はブルースカイの方で、一応温泉らしいです。悪くはありませんが、夜景が見えるわけでもないです。
畳風呂(スカイホテル側)は改修中で利用できませんでした。これは旧館の方なのであまり期待してなかったので、まぁいいですが。畳風呂というのは割りと古いホテルや旅館で、古くなったお風呂の見た目変えで使ってるとこ多いですね。
きちんと料金払って、ブルースカイ(新館)の方の最上階に泊まったほうが良いでしょうね。(但しそうしたら料理が物足りないでしょうねぇ)

立地ですけど微妙ですねぇ。夜景を楽しむには若干、山が邪魔。市内に出るには車(バス)が必要。
駐車場は超狭い。

オープンな無線LANがロビーや、客室でも使用可能です。廊下にルーター設置されています。
部屋のドア閉めてると、ちょっと電波強度が足りない感じになりますが。

悪くはないが、クーポンとか利用で安いなら値段並み以上レベルだと思います。

夜景や眺望はホテルから車で5分ほど登れば稲佐山頂上に立派な展望台があります。(要駐車場料金)
ホテル前のバスも利用可能なようです。夜も9時ぐらい迄、1時間に2.3本あるようです。
軍艦島も見えます。(無茶苦茶遠いので豆粒ですけど)
DSC_0037.jpg





posted by みきの at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

愛知 とうえい温泉行ってきました。

とは言っても、宿泊施設なしなので、温泉のみです。
愛知の端なので、結構遠いです。温泉いこと言われて運転していったのですが、まだかっと思うぐらい距離が・・・。

施設は綺麗で、浴槽も多く、露天もしっかり楽しめます。
ただ露天は囲いがしっかりしてあって、景観を楽しめるようにはなっていません。
せっかくすぐ横に結構きれいな川が流れているのに残念。
源泉は濃い茶色ですが泥付き感はなく、さらっとしてます。
但し、露天の一つのみ源泉で、後は鉄分除去した無色透明のお湯です。

食事もできますし、道の駅みたいな感じでも使える施設ですね。
建物の裏手側に滝があります。いい感じの滝なのに案内がない?
食事してたら、人が窓の向こう川沿い歩いていってるので、何があるのかと思いましたよ。
昔は、滝を見られる場所で食事出来たそうです。(温泉が無かった頃の話かな?)
CAM00224.jpg

posted by みきの at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

御前崎 岬の宿 八潮 泊まってきました。

カーナビの指示通りに行くと、岬中央を通って行くので、海岸沿いから行ったほうが景観良いです。

ここイイです。なんと、灯台のすぐ隣です。
灯台有料ですが、登れます。
使用されている灯台ですので、夜間は海を照らしています。
yashio.jpg

部屋からの景観がすばらしい。
絶対に南角部屋に宿泊しましょう。ここなら、日の出も灯台も見渡せます。
しかし、お正月なんかは、予約されてて無理なようです。
毎年宿泊される方で、取り合い状態だそうです。
お食事も美味しいし、サービスも満点です。
部屋からの眺めです。↓
todai.jpg
hinode.jpg

屋上からの眺めも素晴らしいので、冬場でなければ、屋上に登ってみるのが良いです。
ちなみに、NHKのカメラ設置されてます。
屋上からの眺めです。↓
okujyo.jpg

posted by みきの at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

富士五湖 山中湖行ってきました。

夏場は富士山に雲がかかって見られない事多いようです。
諦めてましたが、遊覧船に乗ってしばらくしたら運良く、雲の間から見ることが出来ました。
水上スキーで遊んでる人が多く。手を振って貰えます。
アナウンスガイドとかが無いのが残念ですね。見どころとか特にないのでしょうかね。
富士山見るのがメインでしょうからいいのかな・・・。
山中湖の遊覧船は乗り場が2つありどちらからでも乗れます。
駐車場は湖側がほぼずっと無料の駐車場になっているようでした。
fuji2.jpg

高速ICに近い方の山中桟橋の方は、白鳥がいっぱいです。
スワンボートにも乗れます。白鳥と一緒に湖に出る感じですね。
SWAN.jpg

中央に近い方の朝日丘桟橋は、異常な数の鯉が桟橋にたむろってます。
水陸両用バスが湖に入っていくのが見られます。
koi.jpg


ドライブで富士山をぐるっと回ったので、ゆっくりしてられなかった orz
湖畔に宿泊して楽しみたいところですね。



posted by みきの at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

秋芳洞&津和野へ行ってきました。2

泊まりは津和野の旅館です。

旅館は・・・ちょっと古くてね。残念特にお風呂が。
ついたとたん、いきなり道の駅「なごみの里」の温泉無料券出して勧めるので不思議だったのですけど。
結局翌日、なごみの里には翌日行って、入りなおし。
いいお湯です。設備も新しいですし。残念なのはちょっと町から離れてるとこですね。
旅館街から歩いていけるような距離なら、外湯ってことでよかったのですけどね。おしい。

観光・・、ほんとはSL「やまぐち」号見たかったんですけどね。災害で山口線とまっちゃってるんで(T_T)
他特に何も目当てに行ってないので期待はしてなかったが、予想外のサプライズありました。
夜神楽やってるので、見にいってみてと旅館の方が誘うので行ってみました。
神楽ってプロがやるわけじゃないので、期待してなかったのですが、思いのほか良かったですね。
すごい、がんばってる感が。

見たのは長福千原神楽社中で演目は八幡と大蛇。
八幡の方は、小学生と中学生の方がやってました。主演の小学生の方はもうちょいキレが欲しいですけど、30分くるくる回っていては大変、ラストはハァハァ聞こえちゃいます。がんばれ〜。中学生の鬼の子は動きがいいね。演奏もスゴイですね。大太鼓と笛スゲー。
大蛇の方は、最初つまんないかなぁと(何であの爺と婆はあんなに仲悪い?爺は婆を大蛇の方に突き出す、婆は爺に毒酒飲ます。^^;)思いきや、大蛇がすごかった。
一匹だけだと思ったら出る出る。そしてあんな動きをするとはびっくりです。ストーリーとかどうでもいいね。
【神楽】津和野夜神楽ロングラン公演2013
http://www.tsuwano.ne.jp/kanko/modules/pico/index.php?content_id=451
行く人は見逃しちゃ損ですよ。
道の駅のほうでも、お昼やってましたが、こちらは舞台が小さいので体育館の方がお勧めだとお思います。

大蛇
Picture091413_210231.jpg

客席のほうまで降りてきちゃいました。
Picture091413_210441.jpg

同部分紙製。終了後、お触りOKで見せてもらえました。
Picture091413_212044.jpg

津和野の町はちょこっと歩いてみただけで終わっちゃいました。
稲成神社見て帰りにつきました。


誰もやらないと思いますが、うちらがやらかしたドジ。
津和野へ行くのにカーナビにお宿が表示されず、まさかの町役場登録。これが大間違い。せめて駅にしとけば・・・。
そうです、津和野町と日原町が合併してて、本庁は旧日原町役場。
いや途中、津和野町の大きい看板あって、おかしいとは思ったんですけどね。せっかくナビに入れてくれてんだし言い出せなくて、見事にここどこ状態。orz
10数キロも通り過ぎちゃいましたよ。


旅館は幸楽。食事は良かったよ。食事はね。ほんとに食事が良いだけに他が残念。
設備面の古さはちょっと難ありですね。綺麗にはしてるんですが。増築数回してるんでしょう、やたら階段あって迷うし。
フロントに人がいない等、かなり接客面が微妙。エアコンのリモコンが無い(前の客が持ってったって、他の部屋用意出来なかったのか・・)。いや親切丁寧なんですけどね。
↓ここね。評価も微妙ですねぇ。
posted by みきの at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

秋芳洞&津和野へ行ってきました。1

泊りがけです。

秋芳洞行ってきました。
今年は鍾乳洞行きまくりですね。
侮ってました、秋芳洞。
広いです。とにかく広いです。入り口ではそうは見えないが、入ったとたん呆れるくらい広いです。余裕で家建てれるな。
まさに、地底世界。地底人とか信じちゃうよ。
お子様連れとか、離れ離れにならないように注意。出口が二つ有りますし。(まぁ結局は歩いて車の方へ引き返すようになりますけど。バスで駐車場へ戻るというのはちょっと難ありかな。)
エレベーターで、秋吉台の展望台へ行けるのかと思ったら、エレベーター降りて結構な距離徒歩で登らないといけません。車で行った方が良いよとの、係りの人の説明でUターン。

見所は・・・その広さです。広すぎて照明が足りない。
停電とかしたら、かなり怖いな。
写真とか撮ろうと思ってる人は、フラッシュとか、しっかりしてるカメラ持ってた方が良いと思います。三脚も容易して長時間露出とか考えた方が・・・、スマフォや携帯のではどうにもなりません。

入り口

Picture091413_132748.jpg

広い、わっかるかなぁ

Picture091413_133629.jpg

巌窟王

Picture091413_140142.jpg




posted by みきの at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

暑い熱いっんで、満奇洞行ってみたよ

岡山市内から、一般道使って車で2時間かららないぐらいでしょうか。
井倉洞より規模は小さいですが、歩きつかれるような事はないので、ちょうどよいかも。
涼しい冷たいひゃっほ〜です。
鍾乳石が良い感じで見られます。ま、どっちかというと、見所は池です。橋です。
高さが低いところが多く、背をかがめて通ります。
行き帰りで同じところを通るのも多いので、人多いと、すれ違いが結構大変。
じっくり見ても30分あれば一周できます。
写真・・・。スマフォの電池切れてて撮ってません。(T_T)

駐車場について。無料です。
手前の駐車場に入れると、けっこう歩くことになります。一番奥、お店があるとこまで行くのが楽です。
一番奥に止めても、ちょっと歩きで登り坂があります。真夏30度超えの時はつらいです。
ひぃひぃ、言って登ってる人に、出てきた人が「中は涼しいよ〜がんばって」と声を掛けるぐらいの感じです。

行き方ですけど、岡山から一般道ですと、180号を新見へ、井倉洞通り越してから、78号を東に行くのが分かりやすいかと思います。帰りは素直にこちらを通りました。
カーナビ任せだと、高梁から313号北上するようになりますけど、ちょっと迷うかも。山中なんで不安だし。(なぜかゴルフ場に突入してしまった)

帰りに井倉洞も寄るか迷いましたけど、さすがにパス。
代わりに、休憩がてら絹掛の滝に寄りました。180号沿いで、トイレもありますし、ちょっと休憩には良いですよ。
最近の日照りで水量が悲しかったですけど、ここも涼しい。

posted by みきの at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

潮温泉 大和荘

潮温泉 大和荘 泊まってみました。

世界遺産石見銀山まで車で40分(1時間みておいたほうがいいかも)という微妙な距離であります。
宿泊した新館の部屋は綺麗で感じは良かったです。
景観は残念。せっかく川岸にあるのに、建物が川のほう向いていません。なんだかなぁ。
そして、前の客の残していった物でしょう、引き出しの中に、エロ漫画が2冊・・・。チェックぐらいしようよ。

温泉の方は旧館にあって、ちょっと古くて残念かな。温泉自体は、沸かした源泉かけ流しで、緑がかった乳白色でいい感じ。
脱衣所の装備品はドライヤーと綿棒のみでちょっと貧弱。ティッシュぐらいは欲しいね。
温泉苦手な方は部屋に、ユニットバスがあるので安心?
タオルは一枚だけで、バスタオルは用意されていないので、要注意。

食事は、そこそこですが、給仕さんがいないというのは、どうしたもんだか。
「ご飯おい願いします」、「お茶ください」とか、わざわざ厨房覗きに行かなきゃいかんのは、おかしいだろ。
いないならいないで、おひつでご飯出しておくとか、お茶も入れれるようにしておくとか、あるだろうに。

立地、建物、サービス、食事、全体的にあと少し。残念だなぁというところでした。
クーポンサイト利用で5000円ぐらいなら、十分元は取れると思います。
posted by みきの at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする