2015年08月22日

ThinkPad X41 にlinux Mint17.2入れてみた。

タグ:Linux Mint Linux
今まではLinux Mint13を入れていたのだけれど、アップデート時に、なにか破損ファイルがあるとか出て、
いじっていたら、デスクトップ環境を破壊したみたいで、起動不可になってしまった。
どうせ、たまに居間で、ブラウザしか使ってないThinkPad X41です。
OS入れ直してみました。

CPUがPentiumMということで、nonPAEだと思ってLinuxMint13を選択していたわけですが、よくよく調べたらPAE対応してたので、今回はLinuxMint17 MATEに挑戦してみました。

インストールは何の問題もないですね。
相変わらず、日本語変換だけは設定してあげる必要があります。
(以前のような、変換時の表示不具合とかもなく、正常表示でした。)
FireFox&Flashインストール済みでした。
mint13と重さに大差はないと思います。

日本語変換の入れ方は、menu > 設定 > 言語 から行えます。
Input methodタブで、好きな入力システムをaddボタンでインストールして、Input methodの所をそれに合わせれば完了です。
Screenshotime.png


常用していたクリップボード(定型文入力)ソフトGlipperをパッケージマネージャからインストールしてみたのですが、なんと起動しません。
menuにもソフト名が表示されません。
commandでglipperと入れれば起動するのでインストールはできているようです。
仕方ないので、自動起動に登録しました。
menu > 設定 > 自動起動するアプリ から登録できます。
追加を押して、適当に名前と説明入れてコマンドにglipperと入れます。
Screenshot1.png

linux mintでソフトを追加するのは、やはりパッケージマネージャより、ソフトウェアマネージャを使ったほうが良いようですね。
posted by みきの at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック