2015年05月15日

結局使ってる。F-10Dの熱対策

タグ:F-10D
polaroid piguの携帯性はすばらしいが、いかんせんカメラ機能が弱すぎて、
結局、オークションで手に入れたF-10Dを無理やり使ってます。
バッテリーが保たないのは仕方ないですが、待受だけであれば、なんとか日中持ちます。
カメラやネット使うと駄目ですね。夕方にはアウトです。
充電容量減ってるせいか、充電も2時間あれば8割方戻るので、即Qiパッドに置けばいいのでとりあえず常用してみてます。

ですが、ちょっとゲームとかすると熱がすごいです。
先日、背面カバーに穴開けて、電池部分開放したので、熱で充電できないという自体は回避できてます。
しかし、Qi置くだけ充電のみです。ケーブルによる充電は発熱のためにできませんの表示がまだ出てしまいます。以前は発熱後の充電はQiでも冷ましてからでないとうまくいかなかったのです。パッドのランプが明滅してました。おそらくバッテリー自体が熱で充電不安定だったのでしょう。ケーブルの方は本体の温度管理で止められてしまうのだろうと思われます。)
充電中の発熱も結構すごいので、更に、充電パッドに直接置くのではなく少し浮かせて置けるようにパッド上に突起を付けてみました。
DSC_0003.jpg

まだCPUなどが集中してる上部分の熱がすごく、使用中動作不安定になり、最悪電源落ちる現象が起きます。
というわけで、背面上部に穴追加、更にアルミ貼り付けてみました。
DSC_0001.jpgDSC_0002.jpg
だいぶ背面の熱は落ち着いたように感じますが、このアルミ、放熱してるのか断熱してるのか、効果があるのか逆効果なのかよく分かりません。

更に設定でCPU動作周波数を落とします。
これはかなり有効だと思います。

というか、穴開ける前にこれ設定しとけば大丈夫だったかもしれないです。
NX!エコのオリジナルモードで設定して常時ONにしてしまいます。
操作性優先がいいんでしょうけど、発熱抑えるならために「電池もち優先」で。
少しカクつきますけど、熱でおかしくなってくると、カクつくどこではないのです。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/minna/20121001_562166.html
とりあえず、熱での機能停止は起こらなくなりました、
背面の熱はこれで、持って使うのが辛いというような事はなくなったが、前面(液晶)の熱さは変わらないです。
背面がぬるくなったぶん液晶の熱さが気になってきましたが・・・こればっかりはどうしようもありませんねぇ。
この夏、使えるのかこいつ?
やっぱりpiguに戻すか思案中。カメラがなぁ。

USB端子、イヤホンカバーや下部のプラスチック部分の銀色塗装があちこち剥げて見栄え悪かったので、
紙やすりで塗装落として、真っ白にしてみたら見栄えも少し良くなったし。
しばらくはコレで乗り切ろうと思う。

MVNO使用目的で、安く手に入る高機能機というので、このF-10Dを誤って購入してしまう人も多いかと思うが、
熱だけは本当にシャレにならないくらいのレベルなので要注意かと思う。


posted by みきの at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・携帯・デジカメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック