2013年05月14日

絶対服従者 関俊介

絶対服従者 関俊介

これイイ。面白いです。昆虫に色気を感じるとは。
突然変異し進化した昆虫との共存社会を描いています。それも高度成長時代に変異し、現代での設定です。
ただSF部分、特に脳に関しての部分は弱いなと感じた。あのサイズでの思考が人間と同じでいいんだろうか?
集団をひとつの個としてなら、分かるような気もするんだが、個体で違うようだし、集団と離れても問題ないようだし。
体のサイズはだいぶ大きめになってるようだけど、はっきり設定されてるのかよくわからない。手のひらサイズなのかな?
言葉はどうなってんだよとか。日本だけの現象なのかとか色々あります。
まぁ、SFというより冒険活劇に近いですね。

85点
絶対服従者 [ 関俊介 ]
posted by みきの at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック