2010年07月13日

海の底 有川浩

まさかの、怪獣?(海老)VS警察(自衛隊)ものです。

作者あとがきによると、「潜水艦で十五少年漂流記」だそうですけど、

私的感想だと、「非常時のかっこいい警察像」って感じですね。上層部はヒドイけどw

タイトルの「海の底」ってのとは違って、浮上してて動かない潜水艦の中で子供と過ごす話と陸上での対巨大海老戦のお話。

あと、気になったのは、子供たちの町内イジメの話ですね。ここまで、ヒドイのはあるのかなぁと思いつつ、ありそうだなぁとか思ったり。

オススメ度は低めかな。68点。

海の底 (角川文庫) Book 海の底 (角川文庫)

著者:有川 浩
販売元:角川グループパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

posted by みきの at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック