2008年08月10日

久々のヒット

甘栗と金貨とエルム Book 甘栗と金貨とエルム

著者:太田 忠司
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図書館で見つけました。

太田忠司さんは狩野俊介シリーズをずっと読んでいたので、イラスト見て、おぉ少年物まだあったのかという感じでした。

題名から、ファンタジー物かと思ったら、高校生探偵でした。

面白い話で、サクサク読めます。ライトノベルに近い感じです。

ラストにオマケ的どんでがえし?もあって久々にヒット。

ちょっとしかでないけど脇役の友人、柴田直哉くんに興味しんしん。

続編が出るといいなぁと思える作品でした。

posted by みきの at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック