2019年06月10日

ドッペルゲンガーの銃 倉知淳

ドッペルゲンガーの銃 倉知淳

よくありそうなポンコツキャリア警察官僚の兄の代わりに、謎解きミステリ作家志望の女子高生の話かと思いきや、ちょっと違いました。
犯人や謎解きは、想像しやすい部類ですから、楽に読めますね。
最後のはちょっと無理じゃね?と思えますが。

ドッペルゲンガーの銃
ドッペルゲンガーの銃

posted by みきの at 11:59 | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする