2017年12月17日

やらかした。ブラウザで頻繁に似非セキュリティが出まくる。マルウェア?

ちょっとブルーレイレコーダーで録画したのPCでも見れないかとDTCP-IPプレーヤーを探していたのだが、どうも有料ソフトしかないようだった。
お試し版では肝心のDTCP-IPでの再生チェックが出来ず、色々試してたところ、入れてはいけないのを入れてしまったみたです。
そのソフトはアンインストールしたものの、ブラウザで頻繁に「危ないですよ、アップデートして下さい」等など表示されてしまうようになってしまいました。
マカフィで一度は検知されて防いでくれてたようなのですが、検知できないような何かを仕込まれたかなと思われます。

挙動としては、似非広告だけのようなのですが、とにかくウザイ。
プロキシでも噛まされたかとみたら、案の定そんな感じの設定がされてます。
とりあえず、チェック外したら、広告は出なくなってる様な感じです。しばらくこれで様子みます。
マカフィのフルスキャンでは問題ないようですし。

LANの設定で自動構成のところに怪しげなアドレス設定されてました。(http://web-unstop.info/wpad.dat?.....)
web-unstop・・・ってマルウェア関係のサイトだったと思う。

インターネットのプロパティ.jpg

LANの設定.jpg


2018/05/02追記
何やらアクセスあったようなので追記。
残念ですが、プロキシの設定対策だけではダメでした。

しばらくすると設定復活するのでです。広告もしつこく出ようとします。McAfee WebAdvisor入れたので、表示自体は抑制されます。
しかしウィルス対策ソフト(マカフィー)とかでも駆除できません。
レジストリ等にも書き込まれているのでしょう。

買い替え時期にもなってましたしWindows7でしたので、もう私は、PC買い替えてます。
どうしようもなければ、PCのリカバリ(初期化)、または買い替えをするしかないと思われます。
posted by みきの at 17:55 | Comment(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする