2016年10月08日

GOSICK PINK 桜庭一樹

GOSICK PINK 桜庭一樹

時間巻き戻って、新大陸(アメリカ)に渡った直後、探偵を始めるお話です。
ちょっと、今迄のより一弥もヴィクトリカも幼い感じがしてしまうのは、久しぶりにGOSICKシリーズを読んだからなのかな。
ボクシング野郎どもの謎は、まぁ、見え見えだったので、つまらない。
全体的な読み応えがなかった。残念。
このシリーズ、ヨーロッパで終わって良かったんではないだろうか?
皆、アメリカ篇読みたいのかなぁ?

GOSICK PINK -
GOSICK PINK -

posted by みきの at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする