2015年08月23日

ThinkPad X41 にZorin OS 10 lite入れてみた。メモ

つい昨日、LinxMint17.2を入れたばかりなのに、ゴチャゴチャいじっていたら、また環境破壊してしまった。
そこで、インストールしなおしですが、どうせならと、Zorinを試すことにしました。
以前、Zorin Lite Limixを試していたので、動くのは問題ないだろうと、本家最新版Zorin OS10 liteを入れてみました。

インストール時に引っかかったのは、スワップパーティションの作成を失敗して止まってしまいました。
一度CD起動した後、GPartedでパーティション全部削除して、インストールしたら成功しました。

起動や動作はlinux mint 17MATE よりも軽い気がします。
ただし、インストールされているソフトは、lite版ですのでかなり少ないです。
デフォルトブラウザはFirefox(Flashインストール済み)です。
日本語入力はAnthyがインストール済みです。タスクトレイのAアイコンからAnthyを指定するとすぐに日本語入力可能になりました。
統合オフィスソフトは入っていません。聞いたことのないAbiword(ワープロ)、Gnumeric(表計算)が入ってます。
グラフィックはビューワーのみで編集ペイントソフトは入っていません。
マルチメディア系のプレーヤーにはGNOME MPlayerが入っています。
Wineインストール済みです。これがZorinの特徴でしょうか。

ソフトウェアセンターはちょっと分かりにくかったですね。
インストールは選択した後アプリバスケットタブに移ってインストールでした。
2015-08-22-163711_1024x768_scrot.png

クリップボードソフトのGlipperはやはりパッケージマネージャーからです。
そしてタスクバーにもメニューにも表示されません。
設定の「LXSessionのデフォルトアプリケーション」の「自動立ち上げ」登録することで起動可能です。(リストにglipperは登録されていました。)
2015-08-22-163110_1024x768_scrot.png
やはり、ソフトウェアセンターに登録されてるソフトをなるべく使うほうが、いいようです。

PrtScキーによる画面キャプチャの保存先はホームフォルダでした。

Firefox + 日本語入力環境 というのが、すぐに使える軽めのLinuxということで、Zorin OS10 liteはアリだと思います。
日本語入力がAntyというのがちょっと残念ですけど、まぁ変えられます。
上位のUltimate,Businessは有料のようです。
COREというのが通常版になるようですね。
スペックの良いPCなら、COREのが遊び甲斐がありそうです。

とりあえず、あまり環境いじらずZorinOS10liteで使いましょうかね。

posted by みきの at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする