2012年07月30日

メグとセロン7 時雨沢恵一

メグとセロン7 時雨沢恵一

ついに完結です。
もう少し楽しみたかったですが、まぁあまりネタも無くなるし、これぐらいでいいのかな。
事件持ち込んだ先輩二人の話は早々に想像がつきますんで、メグのぶっとびぶりを楽しむ最終巻でございました。
やっとこ、それもラスト数ページでメグとセロンくっつきました。
くっついたというか、行き過ぎというか、メグの暴走っぷりがここまでとは思いませんでしたよ。
どう考えても、セロン君、一生苦労しそうです。
・・・ジェニーはラリーとくっつくのか?ちょっと気になるわ。
リリア出すぎですねぇ。メグセロしか読んでない私にはちょっとツイテイケない。

90点

キノもアリソンもリリアも読んでないしアニメも見てないんですけど、メグセロは楽しめました。

メグとセロンVII 婚約者は突然に (電撃文庫) [文庫] / 時雨沢 恵一 (著); 黒星 紅白 (イラスト); アスキー・メディアワークス (刊)
posted by みきの at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする