2017年02月18日

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から 似鳥鶏

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から 似鳥鶏

面白い設定の推理事件もの。
警察はやめたのに事件捜査依頼のくる弟に代わって兄ががんばると。
まぁ推理するのは弟で、結局引っ張りだされます。
掛け合いが面白いのが依頼を持ってくる女警察官直ちゃんと兄季の掛け合いですね。
ストーリーは4話構成で軽めですが、
この作者やっぱ、やらかしてくれます。なんとなくの後味の悪さは毎度の如くです。
なんていうのでしょうか、すっきりハッピーにはしないというのでしょうか、酷いなぁって思っちゃうんですよね。
この人の作品は読後の感じが、どうも私には微妙に合いません。
でも、読んじゃうのですから困った。う〜ん。
コレはシリーズ化はないかなぁ。ちょっと厳しいし、これ続けたら最終的に直ちゃん犯罪者にしそうだ。


パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から -
パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から -

posted by みきの at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

フライ・バイ・ワイヤ 石持浅海

フライ・バイ・ワイヤ 石持浅海

高校生ものです。近未来SFになります。
ある日ロボットが転入してきて、殺人事件がとSFながらミステリです。
犯人最後まで分かりませんでした。理由は分かるものの、殺人になってしまうのが納得いかない。
殺人事件にしてしまわなくても、ストーリ的になんとかならんかったのかと思ってしまった。
とはいえ、インパクトとしては死人が出てないと、この内容には成り得なかったのだろうけどね。
結局、警察に捕まってはない状態(描写なし)なので、若干もやもやしてはいるが、自首したってことかな。
お話自体は面白いというか熱のこもったもので、読み応えは十分あります。


フライ・バイ・ワイヤ (創元推理文庫) -
フライ・バイ・ワイヤ (創元推理文庫) -

posted by みきの at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

猫又お双と教授の遺言 周木律

猫又お双と教授の遺言 周木律

猫又ミステリ2巻目。
相変わらず、ミステリと猫又関係ありません。
ミステリの方はイマイチ。遺言書消失の方はまぁ良いとしても、内容の謎の方は、なんじゃそりゃです。
古文書とか関係ないわ。
このシリーズはあれですね。猫又お双ちゃんの可愛さを楽しむ楽しむためのものです。
猫又がトイレ恥じらうってどうよ。萌えまくりです。
ちょい舞台設定変えれば、ラノベでいけますよ。
お双ちゃんの設定で思わせぶりなの出してきたので、続くのでしょう。
ミステリよりお双ちゃんに会うために、次回作も期待。

猫又お双と教授の遺言<猫又お双> (角川文庫) -
猫又お双と教授の遺言<猫又お双> (角川文庫) -

posted by みきの at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

妖怪探偵・百目3 百目の薬師 上田早夕里

妖怪探偵・百目3 百目の薬師 上田早夕里

ついに完結です。
いやぁ良かった。ハッピーエンドで。うん多分ハッピーエンド。
相良君寿命・・・。まぁしょうがないねぇ。
ちょっと急ぎすぎの展開ですけど、仕方ないですね。もう1冊増えても良いぐらいのボリューム。
それにしても、流石に上田さんの作品です。見事にSFと化してます。凄いわ。

妖怪探偵・百目3: 百鬼の楽師 (光文社文庫) -
妖怪探偵・百目3: 百鬼の楽師 (光文社文庫) -

posted by みきの at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする