2017年03月19日

映画2本連続。ひるね姫とモアナ感想。

甥っ子を連れて、2本連続で観ました。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜
一応、倉敷下津井が舞台という事ですが、ほぼ関係ありません。
これでは、たとえ話題になったとしていても聖地巡礼とはならないでしょうね。
ストーリーはかなり無茶苦茶というか無理やりというか。
夢とかなくて、リアル部分だけの、自動車関係の実写ドラマでいいんじゃないのかこれ。
せめて、夢部分が現実と重なるぐらいなら、いいんだけど、夢=現実では無理やりすぎ。
え〜と、結局お母さんどうして亡くなったのさ。
主人公高3設定ですが、中3ぐらいにしか思えないのもどうかなぁ。
非常に残念なできです。

モアナと伝説の海
うん。歌うディズニーアニメ映画ですね。
悪くもなく良くもなく。素直に楽しんで見ればいいかな。
声優さんも合格点の良品の部類だと思います。
あのニワトリ悪の手先だとかあるのかと思ったらただのマスコットでした^^;

どっち見ると言われれば、間違いなくモアナの方がおすすめ。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モアナと伝説の海 [ スーザン・フランシス ]
価格:756円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)



posted by みきの at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

全能兵器AiCO 鳴海章

全能兵器AiCO 鳴海章

タイトルからするとAI暴走かと思いましたけど、違いましたね。
現在の中国相手の尖閣諸島問題テーマの航空自衛隊ものです。
現状の危機感がかなり強調されています。
なかなかリアルで面白いのですが、Aiの方はちょっと書き込み不足というか、物足りない感じです。
まぁそれだけに、行き過ぎないので、リアル感が増してる気もします。
色恋あるのかと思ったけど無かったですね。話の上で、いらない要素なんで正解は正解なんだけど。


全能兵器AiCO -
全能兵器AiCO -

posted by みきの at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

ここで死神から残念なお知らせです。 榎田ユウリ

ここで死神から残念なお知らせです。 榎田ユウリ

なんていうか酷い。
主人公の設定がヒキニート、そして実はXXXXというのも、ほぼ中盤で分かる。
というか、分かるようにしてるんだろうけど、もっと隠しちゃっても良かったかもしれない。
内容もあまり盛り上がりはない。
タイトルと、設定でざっくりとは読めるけど、楽しめない。
そして、最後の重ね設定は、蛇足としか思えませんでした。


ここで死神から残念なお知らせです。(新潮文庫) -
ここで死神から残念なお知らせです。(新潮文庫) -

posted by みきの at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

猫又お双と一本足の館 周木律

猫又お双第3巻完結です。
今までとは違い、「双孔堂の殺人」を彷彿とさせる建物ミステリになっちゃてます。
他の猫又出てきて、猫又の設定も分かるようになってますね。
というより、隆一郎なに浮気してんだ、お双ちゃんとラブイラブしてろよって話ですな^^;
・・・・虎って猫又になるのかよぉ。

猫又お双と一本足の館 (角川文庫) -
猫又お双と一本足の館 (角川文庫) -

posted by みきの at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする